枯れすすきの映画レビュー

観た映画の感想を時々書きます。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スモーク | main | デイブは宇宙船 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -| -
破綻
評価:
---
クロックワークス
---
(2001-01-26)

 イギリスの名門であるベアリングズ銀行が破たんしたお話で
1995年の実際の話。
損失額は 日本円で1300億円以上なんだとか。
それを、たった一人でやってしまった。
その張本人の 獄中手記を、完全映画化したもの。

先物取引とかが 頭の中でうまく描けてない私には
実際のこの映画の 良さと言うか 面白さは
分かっていないことだらけ だろうけれど
それでも、十分面白かった。
単純に面白いって言うのは よくないかもしれないけど・・・・

それにしても 金融市場って
なんだろう・・・・数字の上で毎日毎日
巨額のお金が動いて・・・・・
この話なんかは、ただ単にコンピューター処理で
とりあえず損失をかくしてしまえたり
かと思えば、待ったなしで庶民は
返済に追われて 悲しい結末を迎えたり・・・
お金に支配されている限り
自由ってないよね・・・・・・。

ドラマ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
スポンサーサイト
- | permalink | - | -| -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック