枯れすすきの映画レビュー

観た映画の感想を時々書きます。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< つよそー | main | 着てみたい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -| -
昼下がりの情事
評価:
ビリー・ワイルダー,I・A・L・ダイアモンド
ジェネオン エンタテインメント
¥ 2,650
(2003-12-17)

父親は私立探偵。
その娘 (オードリー)が
父の調査対象である男に興味を持つ。
彼は大富豪で、世界中で浮名を流す男。

オードリーでなければ
特に面白いお話とは思えないです。

彼女の魅力が
普通なら笑えないコメディを品の良い
笑えるコメディにしてしまうとか・・・そんな気がしました。

登場する私立探偵、彼女の父親の
役が素敵でした。娘を思う気持ちと
この映画の中で、唯一大人だと感じました。
クラシック | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
スポンサーサイト
- | permalink | - | -| -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック